セックスで挿入時に「あれ?何か出血してるんだけど」と言われていまった女性はいると思います。

その出血している部位の殆どが、「会陰部」と言われています。

私自身も「えっ!?膣内からの出血じゃないの?」と初めは思いましたが出血した時にアソコをよく見ると「あれ?何か切れているような・・・」「しかも何か痛いし!」と感じてしまい「どうしょう!!このまま治らないの?」と不安になった事があります。

「会陰部=切れたら痛い」と言う考えを無くすにはどうしたらいいのか?

そこで今回は、会陰部を性感体に近づける事が出来る方法やラブコスメを紹介したいと思います。

 

女性1

会陰部は性感体にするにしても刺激をし忘れる部位でもあります。

刺激し忘れる部位でもありデリケートな部分でもあるのでこの部分の刺激出来る方法を知りたいです   

 

男性1

会陰部と言う部位自体男性は、良よく知らない場合が多いのでまずは部位や特徴を覚える必要があります     

 

目次

会陰部とは何?

女性1

会陰部の部位と特徴を紹介します   

会陰部の位置とは?

 

会陰部とは、尿道口・膣口と肛門の間に有る部分を言います。

長さは2cm位です。

会陰部の特徴は?

 

会陰部の特徴は、とんかくデリケートと言ってもよいかもしれません。

セックスでペニスを挿入する際に、摩擦によって会陰部が切れるか裂けてしまうので,女性からしてみると「痛い!!」「血が出た!!」と不快な気持ちになってしまう場合が多いです。

又,セックス以外でも会陰部はお産の時に産婦人科医が赤ちゃんの頭が出やすくなるように,あらかじめ切開しておく事があります。

お産後の会陰部は医師が接合術と消毒をしますがその医師の処置は激痛と言う女性も多く座る事も出来ないと言う女性も多いと言われています。

 

 

会陰部を性感帯するクンニの方法は?

女性1

会陰部を刺激するにはクンニが一番です。

まずはクンニの方法とコツを紹介します。   

クンニは長く丁寧に行う!

 

セックスで挿入をスムーズにしたい場合は「アソコを濡らす」と言う方法があります。

私は手マンでもいいですが,一番は舌での刺激「クンニ」が良いと思います。

しかし短時間のクンニでは「なかなか濡れない」「クンニで1度イキたいかも」と言った女性が多いです。

クンニで1度イク事は、かなりマンコがヌルヌル状態になっている事が期待されます。

イク為には、やはりクンニをいつもより丁寧に行う事が大切だと私は思います。

 

クリトリスを指で刺激しながら、会陰部と肛門を舐める

クンニは多くの男性は、クリトリス周辺を中心に行う事が多いです。膣口から会陰部、そして肛門まで舌で愛撫する事で、会陰部の刺激に繋がります。クンニ好きな私から見ると、「会陰部が性感帯にもなるし、クンニは気持ちいいし一石二鳥」という感じですね。

そして会陰部周辺には、色々な神経が張り巡らされています。

この神経は当然脳へ繋がっています。

一番、会陰部の神経で刺激される部分は、膀胱です。

会陰部を刺激すると、膀胱が収縮する効果が有ります。

残尿感が無くなり、女性に多い膀胱炎改善にも繋がります。

会陰部刺激が、膀胱炎予防にもなるのは女性の私から見ても「すごい」「生理後に膀胱炎になることが多いから会陰部刺激で予防出来るなら嬉しい」と感じています。

 

舌の動かし方に工夫を!!

 

 

会陰部や肛門を舌で刺激する方法は、膣とクリトリスを舌で刺激する方法と同じです。

舌でツンツン刺激するのではなく、クルクル円を描きながら行うと良いでしょう。

円を描く事で、舌がまんべんなく刺激してくれます。

 

 

 

会陰部マッサージの正確な目的とは?

女性1

会陰部マッサージには目的があり医療的ケアでもあります。

正確な目的を紹介します。   

お産の際の会陰切開を避ける目的でもある

 

お産の時に行われる、会陰部切開は女性からすると「痛い!」「子供が生まれたが座るのも辛い」と言う苦しい事なのです。

しかし最近の産婦人科では会陰部切開を避ける所が増えて来ています。

産婦人科医の中には、会陰部が裂けないように手を当てて赤ちゃんの頭が上手く回転し母体から出て来られるように工夫をする医師もいます。

その他にも,「会陰部マッサージ法」というケアも産婦人科で取り入れられて来ています。

産婦人科でも取り入れられるケア

会陰のマッサージは妊娠32~34週ぐらいから始めておくと、会陰が柔らかくなって出産の際に裂傷が少なくなると言われています。

 

 

1:オイルを付けた指1-2本を膣に3-4cm挿入し、3時から9時の方向に圧をかける。

2:はじめは会陰の部分をなでることから。

次は指を第一関節まで挿入して圧を感じる程度に…と徐々にチャレンジしましょう。

会陰部マッサージ法とセットでしてみよう!!「ヨニ・マッサージ」とは?

女性1

会陰部マッサージと一緒に出来るヨニ・マッサージを紹介します。   

ヨニ・マッサージとは?

ヨニ・マッサージとは、性器マッサージ,膣マッサージを言います。

指や手のひらで膣口や膣内の筋肉をほぐし、アロマオイルなども使用して血行を良くするマッサージのことを言います。

マッサージによって膣周辺の筋肉がほぐれると、加齢などによって減ってしまった膣の弾力が戻るというメリットがあります。

そして、膣分泌液も出やすくなるので、潤い不足による性交痛に悩む女性にもおススメです。

また、膣の血流が良くなることで、ホルモン分泌の正常化もサポートし、卵巣や子宮、美容にもいい影響が期待出来ると言われています。

膣内をマッサージでほぐすことで、膣圧の改善にも繋がりセックスでイキやすい体質になると言われています。

産婦人科で行っている,会陰マッサージと同様で膣口をほぐし、膣内に指を入れ、膣壁をゆっくりマッサージしていきます。

マッサージはそのままするのではなく、滑りをよくするための工夫が必要です。

ヨニ・マッサージ方法

まずは上記の動画を見て、ヨニ・マッサージについて知って行きましょう。

 

女性1

次に、ヨニ・マッサージの手順を紹介します。

まず指を1本第一関節まで、そして2本第二関節くらいまでと、徐々に膣口をほぐして広げる感覚です。

膣口がほぐれてきたら、息を吐きながら膣と肛門を締めて、指を閉じ、引き上げて5秒ほどキープ。

これを10回繰り返します。

ヨニ・マッサージの目的

挿入時の痛みの軽減

 

女性は体調や老化によって膣内の潤いが減って乾きやすくなって行きます。

潤い不足は、女性ホルモンが低下することで膣粘膜が薄くなると言われています。

それが原因でセックス時に痛みを感じてしまう女性が多いと言われています。

ヨニ・マッサージをすることで,潤い不足の改善を図る事が出来ます。

潤いが戻る事で,挿入時の痛みが軽減出来ます。

 

膣壁が硬くならないように柔らかくする

膣壁が硬くなると言う事は、膣の老化が進行し柔軟性が無くなる事を言います。

その為、締め付ける力が低下して行きます。

ヨニ・マッサージの良い所は、膣の老化防止(アンチエイジング)が出来ると言う所です。

マッサージによる適度な刺激は、神経細胞を働かせて膣内の血流改善出来ると言われています。

 

濡れやすい体質にし美容と健康にも良い!

 

ヨニ・マッサージには濡れやすくなる体質に近づける事が出来るのと、美容や健康面の効果も期待できます。

膣内の血流が良くなると、膣とつながっている子宮や卵巣の血流も良くなるため、ホルモンバランスの正常化をサポートしてくれます。

ホルモンバランスの乱れが原因となる肌荒れや不調、生理不順や生理前症候群等の症状の軽減や改善にも良いと言われています。

また、排泄機能が向上するため、膀胱炎や便秘の解消にも良いと言われています。

 

ヨニ・マッサージはサロンがあるので使ってみても良いかも!!

女性施術者が行うので安心!!

性器を他人に見せる事は抵抗がある女性は多いです。

産婦人科も同様で、つい「女医さんがいる所で!!」と言う考えの女性が多いです。

ヨニ・マッサージサロンは,女性施術者が行います。

同性なので安心して利用出来ます。

料金に関してはサロンによって異なる

ヨニ・マッサージサロンの料金は,そのサロンによって料金が異なります。

多くのサロンの料金の平均は13,000円〜150,000円程度と言われています。

又サロンによって初回割引やサービスをしてくれる所もあるみたいです。

 

おススメサロン!「月と樹」

次におススメな,ヨニ・マッサージサロンを紹介します。

それが「月と樹」と言うサロンです。

ヨニ・マッサージ以外にも全身マッサージも行っています。

女性施術者が行い完全予約制です。

まずは公式サイトを見てみて下さい。

 

 

>>ヨニ・マッサージサロン「月と樹」の公式サイトはこちら

会陰部の特徴とマイナスな部分は?

 

女性1

会陰部の特徴でマイナスな部分を紹介します。   

会陰部は挿入時に切れやすい

会陰部の特徴は、「とにかく切れやすい」「傷を被いやすい」と言う所です。

膣壁自体は、粘膜が保護しているのでペニスの摩擦では傷にはなりにくいです。

しかし会陰部は粘膜ではありません。

「肌」なのです。

肌は強い摩擦ですぐに傷になってしまいます。

会陰部は肌なのですぐに傷になってしまい,女性にとっては辛いと思われます。

会陰部はクンニする際に忘れられやすい部分

 

会陰部はクンニしない部位でもあります。

クンニは膣口やクリトリスを中心に行われる事が多いです。

その為、肛門や会陰部は忘れられてしまいます。

濡れにくい体質だと,挿入時に会陰部への負荷は大きい

会陰部は濡れにくい体質だと,挿入時に負荷かかかりやすいと言われています。

愛液、分泌液が潤滑剤としての役割があるのとペニスの滑りも良くしてくれます。

その潤滑剤が無い状態だと、会陰部への負荷も強く挿入時は女性に取って苦痛へと繋がっていまいます。

会陰部がどうしても痛くて性感体に出来ない場合は?

女性1

会陰部をどうしても性感体に出来ない場合,どうしたら良いか?を紹介します。   

 

会陰部ばかりを気にせずにまずは,他の性感体でセックスを楽しむ

会陰部ばかりが性感体ではありません。

女性の性感体は沢山あり,その性感体は一人一人異なって来ます。

他の性感体を刺激される事で、女性の反応も一人一人異なるのでまずは他の性感体に目を向けてみるのも良いかもしれません。

日々の膣トレや1人エッチで慣らす

膣壁が硬くなって、濡れにくい体質になってしまう事はセックス時の痛みの原因にも繋がってしまい,美容にも健康にも良く有りません。

ヨニ・マッサージをしてみるのも良いですが、1人エッチの回数を増やしてみたりするのも良いかもしれません。

1人エッチは膣トレにも繋がりますので,寝る前に行ってみて下さい。

ラブコスメやラブグッズを使って痛みの軽減を図る

 

「潤いがどうしても少ない」「挿入時、痛い」と言う悩みが改善出来ない女性にはラブコスメを使うのも良い方法かもしれません。

濡れやすくなる!?会陰部への負荷を軽くするオススメラブコスメ

 

女性1

私がいつも使っているラブコスメを紹介します。

会陰部の負荷の軽減を図れる物もあるのでおススメです。

 

リュイールホット

出典:www.lovecosmetic.jp/

リュイールホットは、女性のセックス時の痛みを予防する為に解発された、女性の為のラブコスメです。

女性の悩みは、デリケートゾーンの潤い不足が原因で起こるペニス挿入時の痛みです。

痛みの原因は潤い不足と会陰部がペニスの摩擦で切れている可能性もあります。

私自身も、リュイールホットを使っています

「アソコが潤わない」「何か潤いが少ないからセックスの時痛い」と感じたからです。

リュイールホットを使ってみて、潤い不足は解消されて、「あれ?痛くないしむしろ気持ちがいい」という感じになり、旦那とのセックスが楽しくなって来ました。

リュイールホットは、女性のデリケートゾーン(クリトリスや膣口)に塗って、その部分を優しくマッサージする事で、その部分が温かくなり自然な潤いが現われます。

多くの女性が「セックス時の痛みや出血が減りました」と言う口コミが聞かれています。

リュイールホットの特徴

リュイールホットの特徴は、女性のデリケートゾーンに塗ってその部分をマッサージする事で温かくなると言う所です。

何故、温かくなって自然に潤うのか?

それは、リュイールホットの成分でもある、グリセリンが作用しているからです。

グリセリンは、水と合わさると化学反応を起こし熱を出します。

つまり、リュイールホットの場合は、グリセリンは愛液や汗が合わさった事で温かくなったと言う事になります。

そして、リュイールホットは肌に優しい植物由来の成分を使用しています。

アロエベラやヘチマエキス等の、肌に優しく安心して使用出来る成分を使っています。

>>リュイールホットの公式サイトはこちら

ラブシロップ(メープル&ナッツ)

出典:www.lovecosmetic.jp/

ラブシロップ(メープル&ナッツ)は、食べる事が出来るローションです。

クンニに使用する女性が多く、まんべんなくクンニして欲しい女性には大人気です。

使用方法は、女性のデリケートゾーンに塗って、男性に塗ったラブシロップ(メープル&ナッツ)を舌で舐め取ってもらいます。

甘い味なのでクンニが止まらなくなる男性も多いです。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)を使用した女性は「クンニが好きだったので、旦那にクンニしてもらう時に使用しています。以前よりもクンニの時間が長くなってグチャグチャに濡れてしまいました」と言う口コミが聞かれています。

クンニが長くなると言う事は、女性のデリケートゾーンがいつもよりんも感じて沢山濡れる事になると言う事です。

私も、ラブシロップ(メープル&ナッツ)を使い始めてからは、旦那が時間を掛けて丁寧にクンニしてくれるので、「もうアソコがヌルヌル」「早く入れて欲しいよ~」と腰が動いてしまう状態になったことがあります。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)の特徴

ラブシロップ(メープル&ナッツ)の特徴は食べる事が出来るローションと言う所です。

市販のローションだと、口に入ると苦味を感じる場合があります。

それは、化学成分が入っている為苦味を感じてしまうのです。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)はメープルシロップを使用している為、口に入っても甘くて美味しく感じる事が出来ます。

>>ラブシロップ(メープル&ナッツ)の公式サイトはこちら

マリンビーンズ

出典:www.lovecosmetic.jp/

 

マリンビーンズは、クリトリスとGスポットを同時刺激する事が出来る、バイブ・ローターになります。

使用方法は、女性のデリケートゾーンを充分に濡らした後にマリンビーンズの先端をゆっくり膣に入れて行きます。

Gスポットに先端が当たると、クリトリス専用のローターも調度、クリトリスに当たります。

そして同時に刺激されます。

マリンビーンズを使用した女性からは「Gスポットを刺激していましたが、奥までビリビリ響くように感じる事が出来ます。膣トレにもなって、本番のセックスでの痛みが無くなりました」と言う口コミが聞かれています。

私もマリンビーンズは、一人エッチで使っています。

クリイキと中イキが同時に出来るのと、イッた瞬間に膣がキュンと締め付けるようになるので「膣トレできている?」「しかもすごい気持ちがいい」という感じです。

マリンビーンズの特徴

出典:www.lovecosmetic.jp/

マリンビーンズの特徴は形状です。

クリトリス専用のローターと先端にはGスポット専用のバイブ・ローターが付いています。

クリトリスを摘まむ事が出来る、はさみ部分も付いていてクリイキしたい女性にはオススメな形状です。

>>マリンビーンズの公式サイトはこちら

メイクラブリップ・カシスレディ

出典:www.lovecosmetic.jp/

メイクラブリップ・カシスレディは、デリケートゾーンの臭いが気になる女性の為に解発されたラブコスメです。

クンニして欲しいけど、デリケートゾーンの臭いが心配と言う女性に大人気で、香りは甘く口に入ってもカシスの風味でガムを噛んだ後のような感じになります。

使用した女性からは、「彼からいい匂いと言われてクンニをいっぱいしてくれます」と言う口コミが聞かれています。

使用方法は、ラブタイムに入る前に女性のデリケートゾーンに塗るだけです。

私もクンニを旦那からされる時に、「臭いが気になる」と悩んでいました。

メイクラブリップ・カシスレディは気になるアソコの臭いを軽減させて、甘い香りや味になるので旦那が「すごい美味いよ。ココ」と言いながらクンニする時は、私も「気持ちがいいし嬉しい」という気分でした。

メイクラブリップ・カシスレディの特徴

メイクラブリップ・カシスレディの特徴は、甘い香りと味です。

メイクラブリップ・カシスレディの成分には、カシスとミントが入っていて、甘くて華やかな香りを感じる事が出来ます。

見た目はリップグロスですが手に取ると、ジャムのようなプルプルしています。

>>メイクラブリップ・カシスレディの公式サイトはこちら

 

もし会陰部を傷めてしまったら?

女性2

会陰部はデリケートで傷めやすい部位です。

もし傷めてしまった時の対処方法を紹介します。       

 

会陰部は傷めてしまうとトイレも座るのも大変!!

 

会陰部を傷めると、トイレも座る事も辛くなってしまいます

当然、セックスも苦痛になり,セックスを休む必要があります。

 

会陰部から出血時はナプキンで応急処置を!

出典:https://illust-imt.jp/archives/006565/

会陰部が切れてしまった時や少量の出血がある時は、生理用のナプキンを使用して下さい。

女性のデリケートゾーンを保護するように使用します。

生理と同じ感覚で、私もナプキンを使って対応しました。

その際に「膣には絶対に負荷をかけてはいけない!」と意識して、その日のセックスはお休みして安静にしていました。

翌日には出血は治まり痛みも無くなったので安心しましたが、セックスをお休みすることもとても大切なことだと思います。

痛みや出血が続く時は、専門医療機関へ

痛みや出血が続く場合は、自然に治す事は困難になります。

会陰部が大きく裂けている可能性があるか別な原因があって出血している可能性があります。

女性の生殖器は、とてもデリケートです。

「痛め止めの薬飲めば大丈夫!」「もう少し様子見る」などの自己判断をすることは、私はとても危険なことだと思います。

婦人科に受診し医師に相談しましょう。

婦人科医師に相談する事で、適切な指示と薬の処方や処置があるので早く出血や痛みの問題が解決出来ると思います。

 

まとめ

会陰部の特徴とマッサージ方法を知って頂けたでしょうか?

会陰部を痛めない方法は、まずは無理をしないように会陰部を開発する必要があります。