皆さんは、パートナーとゆっくりセックスを楽しみたいと言う気持ちになった事はありますか?

「密着していたい」「愛撫をもっと長くして欲しい」と思う女性はいます。

そして、セックスの時間を長くして欲しいと言う気持ちがある女性は多いです。

私も「旦那ともっと長く密着していたい」「もっと長く繋がっていたい」と思ったことがあります。

そこでいつものセックスと違う、スローセックスについて紹介します。

女性1

スローセックスは、愛撫好きな私もハマってしまうセックスの方法です

男性1

スローセックスは、女性と密着できる出来て、スローセックスは愛情が更に深まります

 

 

目次

スローセックスとは?

女性1

スローセックスといつものセックスとの違いに付いて紹介します

スローセックスといつものセックスの違いは?

出典:https://classy-online.jp/lifestyle/23622/

 

いつもしているセックスは、大抵の流れは決まっています。

服を脱ぐ➡前戯➡挿入➡ピストン運動➡射精➡終了と言う流れが、いつものセックスの流れです。

そして時間も、いつものセックスの流れは決まっている場合があります。

服を脱ぐ(3分)➡前戯(5分)➡挿入➡(2分)➡ピストン運動(20分)➡射精(2分)➡終了

時間は目安の時間ですが、いつも通りのセックスは1時間も掛からないセックスを言います。

この1時間も掛かないセックスは、私は「マンネリセックスだ!」と感じてしまいました。

スローセックスは、時間を掛けて愛撫をして密着する時間を増やす為にあるセックスです。

服を脱ぐ行為も、パートナーにゆっくり焦らしながらしてもらい、

愛撫も時間を掛けて、20分~30分掛けて行います。

そして挿入やピストンも体が密着する体位に変えて行い、1時間以上掛けて行うセックスを、スローセックスと言います。

女性1

セックスがまんねりになってしまうと、もうセックスの手順が決まってしまいます。そうなってしまうと愛情も感じられないです

スローセックスの目的

スローセックスは射精が目的では無い事を頭に入れておく事が大切です。

男女で密着して愛情や信頼を深め合う事や肌が触れ合う感覚を悦び合うのが目的でもあります。

「彼に甘えたい」「もっと密着したい」という気持ちがある私にはスローセックスは、とても幸せなセックスの方法だと思います。

女性から見たら、スローセックスは男性からのプレゼントとして感じてしまう場合もあります。

 

スローセックスとは逆のジャンクセックスとは?

女性1

スローセックスと逆のジャンクセックスについて紹介します

セックスの知識と技術が無い男が行うセックス

ジャンクセックスは,セックスの知識や技術が無い男性が行うセックスです。

AVやアダルト雑誌を真似てセックスをしてしまい女性から「ただピストン運動され気持ち良く無かった」「まだ濡れていないのに挿入された」と言う女性から見たら、マイナスなセックスでもあるのです。

男性だけが満足してしまうセックス

 

女性はセックスで安心と快感を得たいですが,男性は快感もですが「とにかく射精したい!!」と言った希望でセックスをしている場合が多いです。

このような気持ちでセックスをしてしまうと,女性への愛情や触れ合いよりも「ただ射精して気持ちよくなる!!」と言う気持ちが優先してしまい,短い時間のセックスや男性だけが満足するセックスになってしまうのです。

散々だった!?ジャンクセックス体験談

女性2

ジャンクセックスをした時の嫌な体験を紹介します。

ジャンクセックスは女性から見るととても辛いセックスなのです。

 

元カレの短時間セックスが苦痛に!!

旦那と出会う前に交際していた年上リーマンは,ジャンクセックスの名人と言ってもいいくらい「とにかくセックスの時間が短い!!」と言う感じでした。

夕飯食べて、入浴してのセックスが「苦痛」「早く終わるならいいかな」と言う気持ちが強かったです。

そして元カレの前戯の時間は何と、「1分」と言う凄い短い時間だったのです。

「これではアソコが濡れない」と私自身も思いました。

無理な愛撫でアソコから出血してしまい・・・

元カレの1分間前戯で、無理矢理クリトリスをグリグリされて「ギャア!!痛い!!」と思いましたが、元カレに嫌われたくないので感じるふりをしていました。

当然、痛いからアソコは濡れません。

アソコが濡れないまま挿入されました。

コンドーム使用なので、ゴムが擦れるのもあり「痛いよ〜!!」と思っていたらブチン!!と何か切れるよな感覚になったのです。

元カレが射精した後に、アソコを見たら会陰部から出血していたのです。

「ウワ〜出血してら〜。処女みて〜」と言う元カレの言葉に私は、「心配もしてくれないんだ・・・」と愛情が一気に冷めてしまったのです。

スローセックスのメリット

女性1

スローセックスの良い所を紹介します

スローセックスの、メリットは男女であります。

次に、スローセックスのメリットを紹介します。

男性は女性をじっくり気持ち良く出来る

男性はスローセックスで、女性に時間をかけて愛撫出来ます。

愛撫に感じている女性の姿を、じっくり見る事が出来ます。

感じている女性の姿を見ていると、男性の性衝動も強くなって来ます。

女性は精神的にもリラックス出来る

 

男性からの愛撫やピストン時も、男性と密着出来る体位で行うと女性は、精神的にも安心する事が多いです。

「すごく愛されている」「私、大事にされている」と言う、幸福な気持ちを味わう事が出来ます。

「仕事で疲れてストレス溜まっている」「癒されたい」という気分になることが多い私には、彼とのスローセックスはリラックス効果があると感じてします。

オーガスムが長くなる

女性が、イク時に骨盤周囲の筋肉が痙攣するオーガスム。

このオーガスム状態は、スローセックスをすると長くなります。

ピストン運動がゆっくりになる為、女性がイクのも長くなる分、

オーガスム状態もいつもより長くなります。

その為、女性が脱力して動けなくなる時間も長いですが男性の賢者タイム(後処理)も長くなります。

動けなく脱力した女性には、男性は賢者タイムでスキンシップをするチャンスとなります。

私も男性の賢者タイムにときめき、うっとりしてしまう時があります。

オーガスム状態で動けない時が、男性にに甘えるチャンスだと思っています。

 

マンネリセックスが無くなる

 

いつものセックスは、女性も流れが解っているので飽きている場合があります。

「服脱いで・・愛撫して、もう挿入するの?」「いつも同じ流れだからつまらないし、あと10分位で終わるのか」と思っている女性が多いです。

マンネリセックスになっいると愛情を感じる事が出来ません。

動きを少し遅くして、いつもと違うスローセックスをする事で、

マンネリセックスを解消出来ます

スローセックスのデメリット

女性1

スローセックスのマイナスな部分を紹介します

セックスの時間が長くなる

スローセックスは、普段のセックスよりも時間が掛かります。

朝の忙しい時間は、スローセックスをするのは難しくなります。

時間が長くなるリスクがあるので、スローセックスは夜にするのがおススメですよ。

相性が合わないと、疲労や性交痛の原因になる

 

 

セックスは体力が消耗する行為でもあります。

仕事で疲れている人や風邪が治ったばかりの人は、かなり体力が消耗し、疲労を感じています。

そこにスローセックスをするとなると、更に疲労が溜まります。

特に仕事でクタクタな男性には、スローセックスをする事はとても大変になります。

そして女性は、スローセックスをしていればデリケートゾーンの潤いが不足してきて、性交痛の原因に繋がる場合があります。

疲れている時や体調を崩している時は、スローセックスは適していなと私は思います。

射精優先にしたい男性には不向き

「とにかく気持ち良くなりたい」「射精したい」と言う気持ちの人はスローセックスは不向きになります。

スローセックスは、愛撫や肌と肌との触れ合いがメインと言えます。

性欲処理目的の人には、スローセックスは不向きです。

もし彼から「ただ気持ち良くなりたいからしたい」と言われたら、私は激怒してしまいます。

スローセックスのやり方とコツ

女性1

いつものセックスをスローセックスにする方法は簡単です

 

前戯の時間をいつもよりも長くする

 

 

スローセックスに必要な事は、前戯です。

乳首の愛撫やクンニの時間を、いつものセックスよりも長めに行う事が大切です。

そして愛撫をしながら「気持ちいい?」「こんなに濡れて・・」と女性に声を掛ける事が大切です。

スローセックスの前戯は、手や口を動かす事が重要になります。

私は、スローセックスは服を脱がせる行為から始まると思います。

ゆっくり服を脱がせられると、「ドキドキする」「何をされるのかな?」と感じてしまいます。

男女が密着できる体位で行う

 

スローセックスには、肌と肌を触れ合う体位が重要になって来ます。

セックスの定番体位の、正常位では脚しか密着出来ません。

男女で密着できる体位と言えば、対面座位です。

対面座位セックスはキスをしながら行う事も出来、男性は女性の胸を愛撫しながらピストン運動をする事が出来ます。

対面座位は、スローセックスに合っている体位と言えます。

私も彼に長い時間甘えたいので、対面座位のスローセックスは「密着時間が増えて幸せ」という感じですね。

しかし、初めから対面座位でスローセックスは行わないようにしてください。

セックスは体位を変えて行う事が大切です。

まずは騎乗位や正常位で、次に対面座位等体位を変えて行く事が大切です。

対面座位セックスについて知りたい人は、対面座位セックス方法のページをご覧ください。

>>対面座位セックス方法についてはこちら

 

体への触れ方は、アダムタッチで!

アダムタッチとは、SEXセラピストのアダム徳永さんが開発した愛撫法です。

女性1

アダム徳永さんはスローセックスの方法の本を出している人で有名な人でもあります

 

 

 

そもそもアダムタッチの方法は?

アダムタッチの手の形は、手のひらを少し広げた状態です。(指と指の間は約1cm程度です)。

簡単に言いますと、マウスを握る時の手をつくるイメージです。

 

 

 

 

 

手の形をキープしつつ、5本指の指腹のみで、そ~っと女性の肌に触れます

触れるか触れないかくらいの微細な指圧を心がけてください。

産毛を逆立てるようなイメージで行うと良いと思います。

 

 

時計回りで、楕円を描くようにして手を動かします。
速さは、秒速3cm程度のスローペースです。リズムを変えずに、規則正しく動かしましょう。
この時、指を動かさないようにします。

指を動かしてしまうと、指圧がばらばらになってしまい、効果が得られないからです。

イッた後も、密着の意識を忘れない

女性がイッて脱力状態になっている時、いつものセックスだと、服を着てしまう男性が多いです。

それは、最低な男性です。

「すごく気持ち良かった」「最高だった」と脱力している女性の隣に横になって、女性とコミュニケーションを図って女性が落ち着くまで待ってあげる事が大切です。

その優しさに触れた女性が「もう1回したいな」とセックスのおねだりをしてくる場合もあり、2回目のセックスに繋がるキッカケにもなります。

賢者タイムは、私はとても大切だと思います。

旦那に甘えることも出来て、リラックス効果もあります。

 

心が満たされる!!私のスローセックス体験談

女性1

旦那とスローセックスした時の体験を紹介します

元カレと別れ今の旦那と出会い初めてのセックス

元カレと別れて、共通の趣味で今の旦那と出会いました。

結婚する前に旦那とセックスをした時、旦那は「体調大丈夫?」「セックスはお互いに体力使うからね」と苦笑して話して来たのです。

旦那には姉がいて生理痛等の女性の体調変化にとても敏感だったのです。

初めて旦那とセックスした時は、体位もバッグ等の激しい体位は避けて顔をお互い見れる体位でのセックスをしてくれたのです。

スローセックスを旦那としてみて・・・

 

旦那とのスローセックスは、前戯が15分以上と長くとにかく「充分にアソコを濡らす」と言った感じでした。

胸の愛撫はとても気持ちよくて「やっぱり乳首綺麗だね」「気持ちいい?」と何度も話しかけてくれて,私も興奮してしまいアソコが徐々に濡れて行きました。

「充分に濡らさないと痛いからね」とアソコもクンニしてくれ,私は「恥ずかしいけど気持ちいい」と言ってしまいました。

充分にアソコが濡れるので、挿入時も当然出血せずに旦那に抱きつきながらイク事が出来ました。

 

スローセックスをする際の注意点

char no=”1″ char=”女性1”]スローセックスで一番の悩みは女性のデリケートゾーンの潤い不足です。潤いが無くなると、セックスが痛いと感じてしまいます[/char]

スローセックスをする際に注意する点ともっと楽しむ方法があります。

女性のデリケートゾーンの潤い不足に気を付ける

 

スローセックスは時間をかけて行う事が特徴です。

しかしペニスを挿入して、ゆっくりピストン運動をしますが女性の性感帯(クリトリスやGスポット)を上手く刺激出来ないと、女性のデリケートゾーンが潤いが少なくなる可能性があります。

デリケートゾーンの潤い不足は、性交痛の原因に繋がりますので、潤いが少なくなって来たと感じた時は、性感帯を刺激する事を忘れずに行う必要があります。

私は「あれ?アソコが濡れていない」とセックス中に感じた時は、旦那に「何かヌルヌルしてなくて痛いかも」と素直に伝えています。

そうすることで彼も、中断してくれて再度ラブタイムをしてくれて「またアソコが濡れて来ているから痛くない」と安心してスローセックスを楽しむことが出来ます。

スローセックスを沢山楽しみたい場合は、ラブコスメの力を借りる方法もある

スローセックスを楽しみたい人は、ラブコスメの効果の力を借りても良いと思います。

 

スローセックスが楽しくなる!?オススメラブコスメ

女性1

スローセックスにオススメなラブコスメを紹介します

リュイールホット

出典:www.lovecosmetic.jp/

リュイールホットは女性のデリケートゾーンの潤い不足による性交痛予防の為に解発された、ラブコスメです。

スローセックスをする時は、前戯の時に女性のデリケートゾーンに塗ると良いでしょう。

塗った部分を優しくマッサージする事で、自然な潤いが現われます

スローセックスはペニス挿入時間が長いので、多くの女性が「長く彼と繋がっていても、全然痛く無いです」と言う口コミが聞かれています。

私自身も、リュイールホットを使ってみて「アソコの潤い不足問題が、解決した」「旦那とのセックスが痛くない」と感じる事が出来ました。

リュイールホットの特徴

リュイールホットの特徴は、女性のデリケートゾーンに塗って、その部分をマッサージする事で温かくなり自然な潤いが現われる所です。

何故、温かくなるのか?

それは、リュイールホットの成分でもあるグリセリンが作用しているからです。

グリセリンは水と合わさる事で化学反応を起こし熱を出します。

つまり、リュイールホットのグリセリンは愛液や汗と反応し熱を出している事になります。

>>リュイールホットの公式サイトはこちら

リビドーロゼ

出典:www.lovecosmetic.jp/

リビドーロゼは最近、ネット内でも話題になっているベッド香水です。

リビドーロゼを使用する事で、甘い香りが男性を刺激し性衝動が高くなる効果があります。

その効果で、男性は大胆になりセックスにも積極的になります。

使用した女性から「セックスに旦那から積極的に誘われて、動きもとても激しかったです」と言う口コミが聞かれています。

私もリビドーロゼを使用してみたら、彼から私に密着する機会が増えているように感じました。

旦那が甘える姿を見るとドキッとしてしまい、そのままセックスに移行出来て良かったです。

草食系の旦那が積極的にセックスに誘うことも増えて来て、リビドーロゼの効果を実感出来ています。

リビドーロゼの特徴

リビドーロゼの特徴は、男性が積極的になる所です。

それは、リビドーロゼの成分が上手く作用しているからです。

リビドーロゼの成分は、イランの花油とオスモフェリンと言うフェロモンで出来ています。

イランイランの花は甘い香りが特徴で、その香りで男性を誘惑する花で有名です。

オスモフェリンは女性が排卵期に出している、フェロモンの1つで男性を惹きつける効果があります。

惹きつけられた男性は、積極的になると言われています。

>>リビドーロゼの公式サイトはこちら

ラブシロップ(メープル&ナッツ)

出典:www.lovecosmetic.jp/

ラブシロップ(メープル&ナッツ)は、食べる事が出来るローションで、多くの女性がクンニをしてもらう時に使用しています。

つまり、愛撫がメインのスローセックスにラブシロップ(メープル&ナッツ)は合っていると言う事です。

使用した女性は、「クンニをする時に、使用しました。いつもよりも彼のクンニが長くて気持ち良かったです」と言う口コミが聞かれています。

私も旦那とのラブタイムで、ラブシロップ(メープル&ナッツ)を使っています。

旦那が長く丁寧にクンニしてくれるので、「すごいいつもよりアソコが濡れて気持ちがいい」という感じでした。

>>ラブシロップ(メープル&ナッツ)の公式サイトはこちら

LCハーバルローション

出典:www.lovecosmetic.jp/

LCハーバルローションは、保湿剤やローションとして使用出来るラブコスメです。

普段は、保湿剤として使用し、セックスの時はラブタイム時に体に塗って使用します。

スローセックス時には、女性のデリケートゾーンに塗って潤いをキープしながら指でクリトリスを長く愛撫する等に適しています。

使用した女性からは「肌も保湿できるし、セックス時にも彼が体に塗ってくれて長く愛撫してくれるからとても気持ちがいいです」

と言う口コミが聞かれています。

LCハーバルローションの特徴

LCハーバルローションには、保湿効果があるアロエエキスが入っているので、お肌がツルツルスベスベになって乾燥を予防してくれます。

又、セックス時のローションとしても使用出来て、私もお風呂上りに旦那に塗ってもらってからのセックスという感じにしています。

ラブタイムに使うのがオススメです。

>>LCハーバルローションの公式サイトはこちら

まとめ

スローセックスは普段しているセックスよりも時間がかかりますが,パートナーとの触れ合える時間が長くなる事から、マンネリ解消にも繫げる事が出来ます。

愛情も感じる事が出来るので、女性は満足出来て嬉しく感じられ「明日も頑張れる」等、仕事のストレスや疲労も忘れる事も出来ます。

スローセックスはメンタル的に女性を幸せな気持ちにさせてくれるのかもしれません。